主人公馬頭冬偉は、白鳥龍彦から俺の結婚はビジネスだ、人魚姫になる気がないなら自分が馬頭冬偉の人魚姫になると言われました
新宿スワン(和久井健)の主人公馬頭冬偉は、白鳥龍彦から俺の結婚はビジネスだ、人魚姫になる気がないなら自分が馬頭冬偉の人魚姫になると言われましたが、それは別れを前提とした交際であるため断ってしまいます。
白鳥龍彦の家では母親が使用人から真虎 の家にハートマークがついた絵を見せられ、さらに真虎 の顔入りの靴下を履いていることや携帯の待ち受けが真虎 であることを知り自分の息子は真虎 のことが好きなのかと疑問を持ち始めます。
一方でバーストの借金を白鳥龍彦が立て替えたことを知った監督は、今すぐ君が返したお金を引き出せと言って怒りをぶつけます。
そんな中でバーストのワークショップ場所を手配する白鳥龍彦に、そんなことは梅雨も知らずにやってきた馬頭冬偉はびっくりしてしまいます。
今回の新宿スワン(和久井健)のラストは、二人が見つめ合いながら心の本音が表現されていて、とても切ない感じのシーンでした。
新宿スワン電子コミック漫画